8.20.2017














紅茶の午后





最後に逢った午后は



まだ煙った雪みたい



あなたの眉と瞳



交互に見つめていた








抱きしめられて 忘れてゆくの




このままずっと私 泣きじゃくってるの




あなたが好き 好きなの




ごめんなさい 愛して




love me in the afternoon






たまには本当のこと 私言いたいの



あなたが好き 好きなの











これも14歳のとき聴いていたアルバム


色褪せない





詩は、微美杏里、ビビアンリーと当てた名。 藤真利子

曲は色々、沢田研二、細野晴臣、坂本龍一、鈴木慶一、松尾一彦

” アブラカタブラ ”



























































いつもより明るい夏の空






あの人が夏を連れて戻ってきた気がした






そんな日曜日の午后

新しく絨毯を新調しようかな。ペルシャ絨毯はもう飽きてしまった。  he brought back the summer again sunday afternoon sky is lilbit brighter than nowadays







8.19.2017



































































































昨晩お会いしましょう








14歳のときから聴いている


聴くたびの切なさや想いは34年経っても変わらない







あの秋の日を思い出す



夕闇をひとり




カンナ8号線




好きな曲は色々あれど




今、こゝろに沁みるのは ”守ってあげたい” なのかも











初めて言葉を交わした日の




その瞳を忘れないで





いいかげんだった私のこと




包むように輝いてた







遠い夏息をころしトンボを採った




もう一度あんな気持ちで夢をつかまえてね







so you don't have to worry worry





守ってあげたい





あなたを苦しめる全てのことから





'cause i love you      'cause i love you













夏が終わりゆく. . . . . . . . . 











おやすみなさい

6.30.2017



















キョウ48歳になった。






去年のワタシは何かから逃げるように





何もなかったかのように





過ぎて





過ごそうとしていた






そこから逃げ出したくて仕方なかったように






忘れようとしたわけでなく






ただ時間が過ぎればと







   渦の中から   逃げ出したかったのだと





今は憶う









それでも





この一年





たくさんの出逢いがあったと想える





初めて逢うひと





懐かしいひとだったり






出逢うべくして出逢ったひと







48歳になって





人と出逢えるってとても素敵で幸せなことだと





こゝろから想う




人生の半分以上を過ぎて






人なんて中々変わるはずもなく






そんな中 





何かを共感したり 語らったり 言い合えたり 何かを作り出したり





泣いたり 笑ったり 抱きしめあったり



  





何かが始まるはず









私がこれまで出逢ってきた素晴らしい人たちに感謝






私の最大の強さであり 弱点でもあるところに ”愛” というものがある






たくさんの人から愛をもらって





そして    




愛した






これからもずっと愛そうと思う















止まることもあるけど





振り返ることなんて毎日だけど







今は走りたいと想う   そんな風に思えたキョウこの頃です。













いつでも先を見つめて  





真っ直ぐ前を見て






カッコよくて






可愛い女で








いい女でいるよう






突っ走りたい







「正直に。想いを込めて」










2017年6月30日 









桑原 恭子









寝ずの24時間. . . . . 目、血走る。
これからも可愛く行きまーーーーーーーーース。むふふ。




i've turned 48 today
- my thought 
fortunately i met many peeps that meant to meet for a reason last year.
so it's hard to meet some like sharing the feelings of someone. . . . . . especially got older.
that's why i'm appreciate to my buddies and new friends. 
and love is my source of power as well as love is my weak point even tho instead of love to force for my buddies. i ll straight in the eye and keep running forward to my goal with love
thanks 
-kyoko kuwabara








6.18.2017




















原宿のこと、ナウちゃんのこと書いてから





一ヶ月以上過ぎてしまった. . . . . . . . . .





こんなに長く書かなかったことってなかった













このページを目の前にしても   何も浮かばず   オヤジのこともあまり想い出せず



























父の日. . . . . . . 六月十八日







大正六年三月二十二日生まれ 



生きていたら今年でちょうど百歳だったんだね



まず此奴の誕生日



私が十八歳になるまで ”一月一日生まれ” と家族みんな信じていた。



年もキリよく ”大正十五年” だと言っていたように記憶している。



何故かといえば



オヤジには戸籍がなく  




誕生日や生まれた年など 知るすべもなかったから




生年月日はキリの良いものにしたんだと思う。 




私たち家族も能天気というか 無邪気というか 




そんなことは どうってことも なんていうことも なかった




のちに思ったのは




”元旦にケーキを用意しなければならなかった”  ”ケーキを買うことが至難だった” こと




今と違い、元旦からやっている店なんて殆どなく  





それだけが憎かった こと





なんであれ ”怒りはそこかい?” ってな具合の 能天気っぷりの家族で





そうでもなければ 





あの破天荒で お茶目で 洒落た男と





生活を続けるなんて出来なかったはず





得てして 母にとってはね




私だったら 




見捨てただろうし ぶっ殺していたかも していないけど 何度そう思ったことか




でもそんな狂ったオヤジの娘で良かった?  



良くなかった?




良かったのだと思っている。  思うようにしている。  




そう思わないと私自身を否定することになるから。




誰が どう見ても  




私はオヤジの血を受け継いで DNAを受け継いでしまっている




私の色々は. . . . . .   




性格もファッションも人付き合いも ものの考え方も 




後天性でなく オヤジからの天性のもので





ああはならない  ああいう男を好きにならない 




と思い続けたのに




人生を過ぎて   過ごしてきて   






結局のところ 良くも悪くも 私は父とそっくりな私になっている





まぁいっか. . . . . . . . .




今はそう思える   多分、今幸せなんだと思う。




だからなのかなぁ   




年を取って物ごとをあまり深く考えられなくなったからなのかな




深く考えないということは   幸せなのでしょう 多分、そうなのでしょう。



ってなことで 



オヤジの



可愛くて



茶目っ気たっぷりで



洒落てて



クレイジーな生き様は




いつの日か必ず書き記そうと思っている。




そこから始まって 私自身のことも書きたいなって ずっと思っている。









洒落者で可愛げも茶目っ気もある人だから みんなに可愛がられたんだと思う。

昭和の黒幕 ”児玉誉士夫” に可愛がられて。 ” 安藤昇 ”と親しくなって。わからなくもない。ただその付き合いをうまく利用して昇り詰めることもしなかったことが娘としては悔やまれる。はははは。

オヤジのこと書くときにいつも載せる写真だけど。
なにかあると児玉事務所から届く封書。電報も残っている。

あの人はこの写真見て ”chet bakerに似ているね” ってよく言っていた。



人殺しみたいな冷たい目だけど



山崎努にも似ている



海外の俳優 他にも似ている人いたけど忘れちゃった。



この時で七十三歳だったと思う



チェックのネルシャツに バックスキンのジャケット着て モカシン履いて




洒落てんだよなぁ




この三年後



オヤジに嘘をついて 初めてステイツの東海岸へ旅立ち しばらく放浪して



戻ってきて一週間後に死んだ



真逆、死ぬなんて思っていないから友達とケーキを食べに行っているあいだのことで




呆気なく 人生が終わったの




そう、人生なんて呆気なく    





あっという間に時間が過ぎて    






そんな風に思うと  いつも生き急いでしまうんだよなぁ








ってなことで 





本日、父の日





そこの同級生  本日、誕生日














5.11.2017




















原宿ニ 中指タテテ





愛ヲ込メテ






やっと原宿の高い壁を乗り越えた感じ









逢いそうで 逢えず





交わりそうで 交わらず




お互い知ってはいるものの  多分、十五年くらいは過ぎているのかな. . . . . 






そこが原宿の面倒なところでもあり 面白いところでもあるの




ただあの頃でなく 今逢えてよかったと言っていた。



男は男の色々あるし カッコつけなきゃいけないし 
ワタシはビッチが過ぎたから 多分”このクソ女”と思われたに違いない






それにしてもneighborhoodの壁は高かったナァーーーーーーガハハハハぁ。









めっちゃ喋った。緊張しつつも. . . . . . . 

汗かきかきでしたわよ。だから前髪が変だったのに。
”前髪自分で切ってるんすか?”って ”いいえカリスマが切っているんですっ”
”ナチュラル派なんですか?”とか。ワタシ、ナチュラル派が一番嫌いなのにぃ。


ちょいちょい意地悪なことぶっ込んでくるの聞き逃していませんから笑。
ムカつく!が、可愛いいので許す。


それに色々話してくれて良かった。男の子たちって大変だ。
でもそこがカッコイイんだと思うし、負けたくないって思っちゃう。
まだまだ話は尽きませんが。また。


次はワタシがマジで聖子ちゃんだってことを証明します。キョンキョンも。ワタシだってキョンキョンだし。それと宇多田ヒカルで泣かせます。

it was quality time and much fun with Nau. whole bunch of appreciate to you. it was not enough time to talk about each otherネ. hopefully see you sometime in soon. ow ey mayne i know like you said something mean to me, ya cheeky but okay tho actually ur sweet hahah gents. boys don't cry-

初めてのneighborhoodとアイスと。グッドナイト。
first time to i dressed neighborhood shirt which he decided size and color for me. 
good night buddy.






















菖蒲の花はすぐに枯れてしまった。菊とモカラと。as soon fallen blue flag then put other flowers mokara and lil pingpong mom in pale sea green celadon.














いつか日か。the other day.

竹林の中にある機織り処に来た。風が気持ち良くて。大好きな場所。here i came weaving studio in the bamboo forest where my favorite spot and i was in the wind feel so good.

僕ちゃんが泊まりに来ておりました。裸で煎餅。小っちゃい時ね。今はおっさん。でも大好き。my sweet lil man was staying my house. 

spacey rock hawkwind

neighborhoodのシャツの背中に”桑原”って書いてやる。imma write signature ”桑原” on back side yep.






明日は五時起きだ。キョウは一日中ダラダラ、ゴロゴロしちゃった。lazyな日。



おやすみなさい. . . . . . . .






ノボルに逢ったって言っていた。なんかすごいタイミングだな。