6.18.2017




















原宿のこと、ナウちゃんのこと書いてから





一ヶ月以上過ぎてしまった. . . . . . . . . .





こんなに長く書かなかったことってなかった













このページを目の前にしても   何も浮かばず   オヤジのこともあまり想い出せず



























父の日. . . . . . . 六月十八日







大正六年三月二十二日生まれ 



生きていたら今年でちょうど百歳だったんだね



まず此奴の誕生日



私が十八歳になるまで ”一月一日生まれ” と家族みんな信じていた。



年もキリよく ”大正十五年” だと言っていたように記憶している。



何故かといえば



オヤジには戸籍がなく  




誕生日や生まれた年など 知るすべもなかったから




生年月日はキリの良いものにしたんだと思う。 




私たち家族も能天気というか 無邪気というか 




そんなことは どうってことも なんていうことも なかった




のちに思ったのは




”元旦にケーキを用意しなければならなかった”  ”ケーキを買うことが至難だった” こと




今と違い、元旦からやっている店なんて殆どなく  





それだけが憎かった こと





なんであれ ”怒りはそこかい?” ってな具合の 能天気っぷりの家族で





そうでもなければ 





あの破天荒で お茶目で 洒落た男と





生活を続けるなんて出来なかったはず





得てして 母にとってはね




私だったら 




見捨てただろうし ぶっ殺していたかも していないけど 何度そう思ったことか




でもそんな狂ったオヤジの娘で良かった?  



良くなかった?




良かったのだと思っている。  思うようにしている。  




そう思わないと私自身を否定することになるから。




誰が どう見ても  




私はオヤジの血を受け継いで DNAを受け継いでしまっている




私の色々は. . . . . .   




性格もファッションも人付き合いも ものの考え方も 




後天性でなく オヤジからの天性のもので





ああはならない  ああいう男を好きにならない 




と思い続けたのに




人生を過ぎて   過ごしてきて   






結局のところ 良くも悪くも 私は父とそっくりな私になっている





まぁいっか. . . . . . . . .




今はそう思える   多分、今幸せなんだと思う。




だからなのかなぁ   




年を取って物ごとをあまり深く考えられなくなったからなのかな




深く考えないということは   幸せなのでしょう 多分、そうなのでしょう。



ってなことで 



オヤジの



可愛くて



茶目っ気たっぷりで



洒落てて



クレイジーな生き様は




いつの日か必ず書き記そうと思っている。




そこから始まって 私自身のことも書きたいなって ずっと思っている。









洒落者で可愛げも茶目っ気もある人だから みんなに可愛がられたんだと思う。

昭和の黒幕 ”児玉誉士夫” に可愛がられて。 ” 安藤昇 ”と親しくなって。わからなくもない。ただその付き合いをうまく利用して昇り詰めることもしなかったことが娘としては悔やまれる。はははは。

オヤジのこと書くときにいつも載せる写真だけど。
なにかあると児玉事務所から届く封書。電報も残っている。

あの人はこの写真見て ”chet bakerに似ているね” ってよく言っていた。



人殺しみたいな冷たい目だけど



山崎努にも似ている



海外の俳優 他にも似ている人いたけど忘れちゃった。



この時で七十三歳だったと思う



チェックのネルシャツに バックスキンのジャケット着て モカシン履いて




洒落てんだよなぁ




この三年後



オヤジに嘘をついて 初めてステイツの東海岸へ旅立ち しばらく放浪して



戻ってきて一週間後に死んだ



真逆、死ぬなんて思っていないから友達とケーキを食べに行っているあいだのことで




呆気なく 人生が終わったの




そう、人生なんて呆気なく    





あっという間に時間が過ぎて    






そんな風に思うと  いつも生き急いでしまうんだよなぁ








ってなことで 





本日、父の日





そこの同級生  本日、誕生日














5.11.2017




















原宿ニ 中指タテテ





愛ヲ込メテ






やっと原宿の高い壁を乗り越えた感じ









逢いそうで 逢えず





交わりそうで 交わらず




お互い知ってはいるものの  多分、十五年くらいは過ぎているのかな. . . . . 






そこが原宿の面倒なところでもあり 面白いところでもあるの




ただあの頃でなく 今逢えてよかったと言っていた。



男は男の色々あるし カッコつけなきゃいけないし 
ワタシはビッチが過ぎたから 多分”このクソ女”と思われたに違いない






それにしてもneighborhoodの壁は高かったナァーーーーーーガハハハハぁ。









めっちゃ喋った。緊張しつつも. . . . . . . 

汗かきかきでしたわよ。だから前髪が変だったのに。
”前髪自分で切ってるんすか?”って ”いいえカリスマが切っているんですっ”
”ナチュラル派なんですか?”とか。ワタシ、ナチュラル派が一番嫌いなのにぃ。


ちょいちょい意地悪なことぶっ込んでくるの聞き逃していませんから笑。
ムカつく!が、可愛いいので許す。


それに色々話してくれて良かった。男の子たちって大変だ。
でもそこがカッコイイんだと思うし、負けたくないって思っちゃう。
まだまだ話は尽きませんが。また。


次はワタシがマジで聖子ちゃんだってことを証明します。キョンキョンも。ワタシだってキョンキョンだし。それと宇多田ヒカルで泣かせます。

it was quality time and much fun with Nau. whole bunch of appreciate to you. it was not enough time to talk about each otherネ. hopefully see you sometime in soon. ow ey mayne i know like you said something mean to me, ya cheeky but okay tho actually ur sweet hahah gents. boys don't cry-

初めてのneighborhoodとアイスと。グッドナイト。
first time to i dressed neighborhood shirt which he decided size and color for me. 
good night buddy.






















菖蒲の花はすぐに枯れてしまった。菊とモカラと。as soon fallen blue flag then put other flowers mokara and lil pingpong mom in pale sea green celadon.














いつか日か。the other day.

竹林の中にある機織り処に来た。風が気持ち良くて。大好きな場所。here i came weaving studio in the bamboo forest where my favorite spot and i was in the wind feel so good.

僕ちゃんが泊まりに来ておりました。裸で煎餅。小っちゃい時ね。今はおっさん。でも大好き。my sweet lil man was staying my house. 

spacey rock hawkwind

neighborhoodのシャツの背中に”桑原”って書いてやる。imma write signature ”桑原” on back side yep.






明日は五時起きだ。キョウは一日中ダラダラ、ゴロゴロしちゃった。lazyな日。



おやすみなさい. . . . . . . .






ノボルに逢ったって言っていた。なんかすごいタイミングだな。










5.01.2017










Rough and Rugged にて








初めてあったのに ずっと前から知っていたような





そんな気持ちになる





懐かしい人にも逢えた







そう、雑誌の中にいる彼らはすーっとした顔をしている





クールでなければならないし 





そういう彼らに憧れている男の子たちには
そういう顔を見せなければならないのかもしれないけど




ワタシはそういう顔よりも 




笑っている彼らの表情を引き出したいなぁって 思っている








この日もそんな写真がたくさん残っている








子供みたいな笑顔を見ることができて 嬉しい気持ちになった






ワタシも楽しくて そんな顔になっている








Nauサンが
久々にあったねってくらい昔から知っている感じなんです
不思議なんですけどって言ってくれた。



本当そんな感じ。
原宿のどこかですれ違っていたであろう、あの頃。
だからなのかな
見ていたものも同じなはず
結構緊張して伺ったけど、Nauさんに癒された感じ笑
風貌に似つかわしくなく。このお方癒し系。ははは。





連れて行ってくれたカナちゃんマジ感謝。
あなたはいつも ”その瞬間” てヤツを見てくれているのよねぇ。
あのときもそうだった。




あっトキオちゃん。この場所で最初に逢えてちょっと笑った。ははは。
変わんねぇなぁ〜と思った。





それからエノシさん お逢いできて嬉しかったデス 
このタイミングで、この場所で、この人たちに逢わせてくれてありがとう。







i met alotta friends at the venue "Rough and Rugged exhibition"  i'm sure it was meant to meet y'all and here the spot. everything is timing yeah. well, i felt we were old friends some like that. also mr nau feel it too. feel strange. anyways i was so much fun with y'all.
thanks mr nau, ms kana and mr enoshi. 
 photo e70b935a-5b92-43dc-8afe-31a08e80a4d1_zps0u3vawv4.jpg photo 254a017d-d2b6-4b14-8f6a-2d3348575d9d_zpsmbubklwt.jpg

やっぱり男祭り。そんなんが楽しくて好き。腕相撲はなかったけど。みんな可愛い。お姉ちゃんて呼ばれるのが懐かったな。

















4月27日 

ジュンミカミと青山のコムデギャルソンで待ち合わせ。ジュンちゃんがAJ1を履いて颯爽とやってきた。そしてまだ五時だけど茅場町の彼処へ。前菜?菜じゃないけど。まずは出し巻き卵と焼き鳥からの鰻重。なんと贅沢な。帰りは銀座sixでケーキを買い、ジュンちゃん宅へ。色々な話が楽しいの。haveing date withe ms junmikami. we head to kayabacho for eat eel after that we dropped ginza and get some sweets. we were talking about beauty, fashion, love blahblahblah girls talk hahah.

dr dreみたいな中途半端なネックのロンTが気に入っている。小田サンから届いたgarment reproduction of workersのエプロンドレスの後ろの弛みが好き。悪そうで笑。i do love that long sleeve T shirt especially that neck style looks like dr dre hahah and dressed apron dress of garment reproduction of workers. tanks again mr oda.













4月27日


母ちゃんと深大寺にて山菜天ぷらと蕎麦をいただく。帰りは国立のフードムードにて甘いもの。なかしましほさんはいらっしゃいませんでしたが. . . . . . あの雰囲気に似つかわしくないサタニックなパッチを履く。mom and i went jindai temple for eat soba and wild plants tenpura after that we went to cafe "food mood"near by our house. so it doesn't much my satanic pattern patch and atmosphere of food mood cafe.



















4月28日。行ったり来たりの日づけですが。




エノシさんのところへ行く前に。ハロシのところへ。この日はめっちゃ韻踏んできやがった。がはははははは。ヒロシ、ハロシ、エノシだって笑。この日の予定の人たちの名。ms kana ryming hiroshi haroshi enoshi whatever she did it lmafo. anyway we dropped haroshi's exhibition before Rough and Rugged venue.

カナちゃん、アサちゃん、オレ。初めてお目にかかるアサちゃんがコアファイターのことを知っているなんてビックリだ。ms kana, ms asa and i. first time to see ms asa even tho she knows about my brother's clothing brand core fighter. i was like huh? hahah.

DJ 岡沢。ブレブレですけど。

DJ ユミちゃん。

DJ MURO

丸の内ハウスへ。ここでも出逢いあり。本当に楽しい1日でしたわよ。head to marunouchi house for the party. running around all day that day.

















おまけ。

カナちゃんと。エノシさん撮ってくれたよ。mr enoshi took pic of us.

what's crackin' broってことで
設営カッコよかったのに喋ってばかりで写真撮らず。悪しからず。it was a good day for real. ow sorry i forgot to take pic of venue cuz was chatty with them.

















いつかの日。the other day.

施設へ向かう朝。六時。とても気持ちの良い朝。head to our nursing home that lovely morning.

先ずはvansチェッカーフラッグと。at first tryna with vans checker flag of slip on.

コージくんが見つけてくれたジョーダンのトラックパンツにair jordan5。mr koji found that truck pant of air jordan with AJ5.

この間とは違うカンフー着だからねっ。同じの着てるんじゃあありません。hawkwindのバッジと白いリボンが気に入っているの。another kungfuu wear with white ribbon, can badge"hawkwind"

途中bridgeへ。久しぶりだなぁ。it's been awhile to here i came bar bridge.

藤井悟。セクシーっぷり健在。DJ satoru.

ワタシが17歳の頃に見ていた彼ら。原宿a store robot。左が藤井悟。右がyellow eagle 総長でhosannaの落合クン。1986年頃だと思う。スッゲェお洒落な人たちだった。憧れの先輩たち。

visionにも行ったり。そこでもコアファイター時代の知り合いがいた。そういうのが楽しい。

テンダーロイン着て。夜の国立でお茶を飲む。まだ肌寒い。














4月30日

うちの可愛い甥っ子が泊まりに来た。my nephew stay at our home.

お気に入りの白いハット。ゴローズ4点セット。ベラフォンテチノパンツ。

甥っ子は隣のベッドルームでゲーム中。ワタシはこれ見るアルヨ。checkin' punk photo book. nephew letdown on my bed as playing some game.

甥っ子を代々木へ送り届ける前にノボル、妹、甥っ子、母で大久保のタイ料理屋へ。ここでもすんごい出逢いあり。帰りがけに”あれ?キョウコさんじゃないですか?”と女性に声をかけられる。なーーーーーんとhosanaちゃんだった!もう覚えていてくれて、嬉しくてなんども抱きしめ合う笑。そのお隣にもどこかでお見かけしたような?!女性。明治通りにrosebudができた時にいた黒髪のショートヘアのあのカッケェー姉さんだった!彼女も”あの腕に刺青いっぱい入っている人ですよね?”とわかってくれた?様子。すんごいなぁ。時々ホサナちゃんのこと思ったりしていたの。だから想いは届くというか、叶うというか、お互いそう思っていたことが嬉しいの。blah blah blah blah sick of write in english hahah.






this is the life 



楽しい。



次へ進むべく。



おやみなさい。